« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2281 自分の生涯の仕事   ありたい姿

「わが仕事 教育・言語 人間力」

   
福田 真
 

●私の生涯の仕事は、教育・言語・人だと思っています

●先日、ちょっと頑張ろうを全文分析をして、全体でのキーワード
をだしました。
「人」「仕事」でした。そして、次にくるワード群が「概念」「現
実」「異質」になっていました。


成功の宣言文 2282 伝わるのは5単語   実践する姿
●言語分析で研修効果測定を行っていますが、1回の研修で受講者
が持ち帰られるキーワードは5単語以下です
●平均して、2~3単語が持ち帰っている単語です。この2~3単
語が記憶に残り続ける確率は高くなっています。伝える内容が多く
なると、ほぼ全てを忘れてしまいます。内容を絞り込めば伝わり残
るのです。
●「受講生 持ち帰れるは 5つ以下」   福田 真 

成功の宣言文 2283 理解の順番で   なりたい姿
●教育の主役は教わる者・学ぶ者であり、学ぶ者を理解せずして、
教育などあるはずもありません
●学ぶ者をいかに知るかができて、伝達すべき内容が分類されるは
ずです。教育体系は論理の順番でなく、理解の順番にすべきです。
学ぶ者を主役で考えると、話し方もカリキュラムも教材も変わって
しまいます。
●「論理より 理解の順番 大切に」   福田 真   

成功の宣言文 2284 ゆかし  ありたい姿
●「ゆかし」と言う古語があります。見たい・聞きたい・知りたい
の意味を持っています
● 自分の周りにあるすべてに「ゆかし」であれば、人生感はもっ
と違っていたかもしれない。考える範囲・知識の範囲・認識の範囲
で、同じように「ゆかし」であれば、知識も経験もグンと増え、理
解できる相手も増えている。
●「ゆかしかな 見たい聞きたい 知りたいで」   福田 真   

成功の宣言文 2285 見える範囲を広げる  現状の姿
●人間力って、見える範囲を広げることではないか
●自分が見たいところだけを見る、聞きたいところだけを聞くのが
人の習性です。自分に向かってくる嫌なことは聞きたくないし、見
たくありません。この習性は仕方がないけれども、聞かなければな
りませんし、見なければなりません。
●「人間力 見える範囲を 広げるや」   福田 真

成功の宣言文 2286 異質分野から始まる   なりたい姿  
●人の良さは、自分とは関わりのない事柄や、相反する事柄につい
て理解できること
●知るは、自分とは関わりのないところから始まります。自分と関
わりのある範囲は、経験が深ければ推理ができます。しかし、自分
の経験を支えているモノは、自分と直接関わりのないとろこから始
まっています。
●「創造は 直接関係 ないところ」   福田 真   

成功の宣言文 2287 気づきで新視点を   現状の姿   
●異質知識との出会いによる気づきで、自分が求めている姿が見え
てきます
●ボーと考えていることで柔軟に異質知識と交わり、結論をひきだ
していくのです。過去においても異質知識や体験との出会いで、あ
りたい姿・なりたい姿に気づいて、視点を変えてきた。
●「異質との 気づきによって 新視点」   近藤修司