« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2274 エコエコマネジメント  実践する姿

「エコエコの 提唱をし 出版す」

   
高達秋良

●JMAのコンサルテングは民間の製造業が多いので、環境問題はそ
のクライアントに訴える事が大切です

●然し民間企業は経済活動(Economy)は停められません。
また、環境問題(Ecology)対策は本気に真面目に取り組む事が大
事です。
日・伊で「エコ・エコ マネジメント」提唱し、日・伊語で本も書
きました。


成功の宣言文 2275 Less Is More   実践する姿
●「Less Is More」は近藤さんと私で、近藤さんの初仕事で開発し
た、市場の多機種化要請と標準化要請の対立矛盾をどう解くかの「
編集設計」が基本になります
●更に高達と鈴江さんで発展させた「バラーテー・リダクション・
プログラム」は多機種の中で、部品種類・点数を半減化する手法で
す。今はこれを更に未来の新製品群の開発をする「編集開発」に発
展しました。
●「レスモアー 編集設計 原点や」  高達秋良

成功の宣言文 2276 中小ネットワーク   なりたい姿
●「成功の宣言文」に良く出る北陸ように、地方の中小企業こそが
大事と思っています
●一つ一つが独立し、自からの意思を大事にし、しかも他とのネー
トワークを組み、未来の創造をすることこそ「混合の時代」です。
石川県はニッチトップ企業の集積地で、北陸のIMSなど改革実践
に期待しています。
●「独立と ネットワークで 混合を」  高達秋良

成功の宣言文 2277 改革言語を使う  実践する姿 
●ものづくり改革塾一期生の本螺子製作所の桶谷さんの改革提案書
講義と本螺子製作所見学を行いました
●さらに塾生に気づきを出して頂き、気づきマップを創りました。
知識創造で重要な「ありたい姿」「なりたい姿」の改革言語を皆さ
んが無意識で語っていることに気づかされました。学んだ後はプラ
ス思考になるのですね。
●「気づいたら 改革言語 使ってた」   山本博康      

成功の宣言文 2278 芳珠4画面美術館   実践する姿
●芳珠記念病院様を訪問し、四画面美術館を拝見させていただきま
した
●皆さん、仲井理事長のお話、四画面美術館の完成度、実践力の高
さに皆さん驚かれていました。参加者の中には芳珠病院にかかわり
のある方々もおられ、地域に愛される病院を実感いたしました。
●「わーすごい こんな病院 あったのだ」  山本博康   

成功の宣言文 2279 全体と繰り返し   ありたい姿   
●福田さんの「全体を見せていない」と「タコができるまで繰り返
していない」、これは教育者としてドキッとしました
●教育目的や本質から離れた各論、部分最適になりがちです。全体
の中の位置づけや全体との関連付けを常に意識して、意識させて授
業や教育現場に立ちたいものです。
●「全体を 見せる教育 繰り返し」   渕野康一

成功の宣言文 2280 言語化と技術化   なりたい姿
●4画面はお互いの存在価値を認め高めあう道具です
●人間は組織や社会から阻害されれば、ただの石ころになります。
逆に、組織や社会から存在価値が認められば、輝いた金になります
。自分の持ち味を言葉化や技術化で存在価値を向上する道具が4画
面です。
●(言語化と 技術化すすめ 4画面」   近藤修司