« 成功の宣言文 2209 CSRの今後   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2211 生まれ変わる   実践する姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■別川未来塾合宿に私とM2の山本さんと参加させていただきまし
た。個人4画面とチーム4画面を改革実践しております。今回は個
人4画面の交流とチーム4画面の作成発表を行いました。チーム4
画面テーマは「意識の一貫生産」「風とうしの良い組織づくり」「
売りの研究」になりました。チーム名も「1UP」「風」「一人勝
ち」とユニークでそれぞれのメンバーの思いが入っています。「思
いを言葉に、言葉を形に、形を技術に」の活動が動き出しました。
今回は一期生が推進されているだけに、「自分ごと・4画面・改革
の輪」が実感になってきました。初日はには1期生の個人4画面と
チーム4画面の振り返りをしました。個人4画面の実践率は高いが
、チーム4画面は実践率が低いことが分かりました。チーム4画面
はバーチャルチームだけに、実践率は低くいが、4画面構想力や連
携力が向上し、一人ひとりの存在価値開発やチームの存在価値開発
を促進し、意味のあることが発見できました。そして、振り返りの
大切さとチーム4画面と個人4画面の知識混合の可能性を体験でき
ました。皆さんの気づきは山本さんがまとめてくれました。皆さん
のワークショップや気づきを聞きながら、今井さんのいわれる知識
開発・心の開発・反応の開発などが進んでいるメンバーがあらわれ
、これが行動開発を体験させていただきました。未来塾通信といっ
たブログやメルマガが出来ると良いのでしょうね。ありがとうござ
いました。(近藤)
●「未来塾 分別開発 体験し」   現状の姿
■近藤先生 お疲れ様です。M2の山本です。
二日間の第二期別川未来塾へ参加させていただいてありがとうござ
いました。皆さんの熱心なワークショップと発表には感動いたしま
した。こういうプロセスで、塾生が変わって、チームや組織が変わ
っていくのですね。別川未来塾合宿の最後に皆さんの学んだこと・
気づいたことをメモをさせていただきましたのお送りいたします。
別川未来塾の皆さんご苦労さまでした。(近藤)
□第二期別川未来塾合宿での気づき
・未来塾生はみんな、改革意識を持っていることに気づいた
・みんなでやればできるという実感をえた、改革力=人数×やる気
 ×ベクトル。
・未来から考えるとわかりやすく、われわれが未来を創り出す感が
 生まれる
・個人の4画面とチームの4画面が連携した、是が知識混合だ
・チームでやると気づきが多い
・別川社員はみんなアツい!!
・問題は出して、改革ストーリーをつくる体験が出来た
・みんな、問題は同じだ、だとすれば、輪を創り解決するしかない.
・頭にあることを、文書化することで、未来を創造
・話すことやポストイットにかいて張ることの大切さを体験した
・自分の改革物語をもちことの大切さが分かった、中期計画はある
 が自分ごとになっていなかった
・自分の+言葉を持つことの大切さを理解した、しかし、言葉を作る
 ことが難しい、普段からのメモが大事
・方向性はトップダウンが必要
・未来塾が広がれば良いな
・色々な考えがあり、多様性のよさ
・四画面を経験して、自分の強みと苦手を発見できた
・二期生は一期生の支援もあって、良い感じである
・部門間の人の交流が出来てよかった
・各部門には、やる気の人がいることがわかった
・未来塾で別川は良くなる実感を得ることができた
・個人4画面では一人で何ができるんだろうとおもっていたが、チ
 ーム4画面ではテーマを決めて仲間を作れば改革できることがわ
 かった。
・振り返りでレベルアップしていくことが体験できた。
・言葉で表現するのは難しいが、すっきりする。
・自分を変えて、周りを変えることの大切さ。
・問題は皆、同じでも視点は違う、集まれば良いアイデアがでる。
・未来を考えるのは難しいが、見えてくると楽しい。
・他部署の人と話すのは非常に重要です。一人で考えるより、皆で
 考えることの大切さがわかった。
・一期生、二期生が、みんな同じ気持ちで嬉しかった
・未来塾で別川をよく出来そうな気がした。未来塾の継続を
・ベツカワには、まだまだ、社内にはやるぞ君がいる
・本気×根気×気づき=元気である、気づいたことをメモして実践
 すれば良い
・未来を創り出すファシリテーターの大切さを体験した
・改革実践提案書を創るときに事前に調査計画を立てることが大事
 である
・未来塾を継続して未来塾生が増えていくことで、会社が変わる可
 能性を感じた
(別川未来塾合宿:合宿で気づいたこと、より)

■最近は、成功の宣言文コミュニティで毎日、改革実践の交流させ
ていただいて、皆さんから刺激を受けたことを、改革実践の場で行
動開発するようにしています。改革現場での行動開発により、いろ
いろなきづきをいただけます。今回の山本さんと参加した、別川未
来塾合宿でもいろいろ気づきをいただきました。「生まれ変わる」
「現場に踏み込む」「自分の反応の速さ」「相手の反応を変える」
「チームのDNAを混合」「4画面混合」「創った人間に近づく」
など「今井さんの存在価値開発が実感できました。自分の反応スピ
ードを上げていくと塾生の反応スピードがあがっていくのです。本
日は東京MOTコースの中間審査です。東京MOTの社会人学生と
の交流でどんな気づきが体験できるか楽しみです。(近藤)
□生まれ変わる   
・4画面は一人ひとりの人間力をひきだす
・一人ひとりの人間力を引き出して、夢を実現する道具である。4
画面を道具とする事で人が生まれ変わる。企業も生まれ変わる。4
画面で人や事業に魂が宿る。
「4画面 生まれ変わりの 道具なり」   
□現場に踏み込む
・現場に踏み込んで人に魂を宿す
・人に魂が宿ると企業や職場にも魂が宿る。4画面や改革提案書で
改革の魂を宿す。自分が生きることで人を生かすのである。
「4画面 現場踏み込み ひと生かす」   近藤修司
□自分の反応の速さ   
・理想を追及することはすばらしい
・理想を追求する事で改革人材の活力を引き出す。一人ひとりの活
力を引き出して、他の人の活力に知識移転する。その場で何が起こ
るか分からない。柔軟性を高めて反応を早くし、自分の反応の早さ
で相手も早くする。
「柔軟性 自分の反応 早くして」   
□相手の反応を変える  
・4画面は理想を持って実践して創造を創る
・現状を感じて、ありたい、なりたい姿を表現して実践する。4画
面は人間力を引き出して夢も実現する道具である。実践では柔軟性
を大切にして自分の反応を早くして相手の反応を変える。
「実践で 相手の反応を 早くする」   
□チームのDNAを混合   
・チームの4画面はチームの力を引き出して、言葉にしチームを生
き生きさせる
・そのチームのDNAをチーム名にして見える化し、他のチームへ
移転する。そして引き出された別のチームのDNAを自分のチーム
に取り込むのである。これが知識混合である。
「未来塾 チームDNA 混合し」   
□4画面混合
・個人4画面、チーム4画面、事業4画面にしても、それぞれ見え
る化して混合する
・4画面は改革知識の創造物であり、それぞれの4画面を知識混合
することで壁がなくなる。事業創造の壁を知識創造や改革創造で混
合して壁をなくしてしまう。
「それぞれの 4画面をも 混合し」   
□創った人間に近づく  
・経営や事業は人間が作ったものです
・作った人間に近づいていくことが大切です。その人間の理想や心
や夢をとらえます。夢をとらえて4画面にするのです。その人の4
画面で交流することで人間に近づきます。人で人を変えるのです。
「経営は 人間が創った ものなのだ」   

■今週末が東京MOTコースの課題研究である、個人別の改革実践
提案書の提出日ですが、受講生から独創的な改革実践提案者がメー
ルで集まり始めています。改革現場で思考する事によって新しい知
識創造の実践が可能になります。実践での思考の深さを実感してい
ます。(近藤)