« 成功の宣言文 2098 明日のために仕事を   実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 2101 改革の言葉   ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

■MROラジオで「GOGOは本多町3丁目」の番組の中で、毎週
火曜日12時46分~12時54分で、中小企業ナビ~聞いてみよ
う、成功の秘訣! が中小企業基盤機構のスポンサーで放送されて
います。今週月曜日に9月放送分の収録を上坂典子とMRO・中小
基盤機構のみなさんと、ゲスト経営者を招いて行われました。毎回
、そうですが、成功されている経営者は自分の言葉で、改革実践物
語を語っていただきます。今回のゲスト経営者は、ホリ写真館の掘
社長、桂記章の澤田常務、石田屋の田中社長、金沢車輛株の小倉社
長、ジーアンドエスの萩原社長で皆さんすばらしい成功の秘訣をお
持ちの方々です。 パーソナリティの上坂典子さんのご質問もすば
らしく経営者の改革実践の力が引き出されて我々も元気をいただけ
ます。ぜひ、成功の宣言文の皆さんも、毎週・火曜日の中小企業ナ
ビ~聞いてみよう成功の秘訣~をお聞きください。石川県の方は火
曜日のMROラジオを石川県外の方はMRO放送のフォームページ
からお聞きください。今週月曜日に収録でお会いした、皆さんの成
功の改革言語をご紹介いたします。元気な企業の情報発信は、新聞
では読売新聞の鶴田さんと、放送ではMROラジオのみなさまとさ
せていただいていますが、それぞれ、経営者にインタビューさせて
いただくたびに、石川県は知識創造型のニッチトップ企業の集積地
になりつつあると思います。元気な経営者の共通項は「自分ごと・
4画面思考・改革の輪」です。企業だけでなく、地域も知識創造型
の改革実践の集積地になっていっています。JAISTの拠点の石
川県がニッチトップの知識創造企業の集積地になっていくことはす
ばらしいことです。改革実践ネットワークも石川県では、現場ネッ
トワーク・ITネットワークだけでなく、新聞ネットワーク・ラジ
オ放送ネットワークと知識混合されて、産学診官NPOの5軸連携
が進んでいます。上坂典子さんはテレビ・ラジオで鍛えられただけ
に言葉力はすばらしいです。経営者も私も言葉力が向上してくるか
ら不思議ですね。機会を見て上坂さんに言葉力の講演をしていただ
きたいものです。(近藤)

●「記録から 見せて楽しむ 価値追加」   ありたい姿
■有限会社ホリ写真館 代表取締役 掘光治
写真や映像をとおして皆さんの生活を豊かにすることで社会的貢献
です。企業としてとんがることで他がやっていないこと挑戦しつづ
けます。写真をとおしてお客様の想い出を保管しつづけます。そい
てさらに記録から表現したいという、自己表現を支援する。お客さ
まのみせたいという表現を支援するのです。結婚式や出産を見せた
い、店をみせたいを支援するためにweb店舗を展開。とる残すか
ら、見せて楽しむです。スタジオを外へ出て行き、感動の思い出を
楽しむのです。そして今を表現するという写真の文化を残したい。

●「感動を 金沢百工 活用し」   ありたい姿
■桂記章株式会社 常務取締役 澤田幸宏
情報の収集力・行動力が営業のポイントで時代の流れ、さらには流
行のモノ・コトに敏感に反応し、世の中のニーズをうまく掴み取る
ことが大切。最近では、アジア資本の企業も同業界に進出し始めて
いる。商品の価格ではかなわない。いかに商品に付加価値をつける
ことができるかがポイントである。顔を合わせてお話をお伺いする
ことでお客様のニーズや思いを確認することができるからです。そ
れをし続けることが、お客様に喜ばれるもの、高品質なもの、ニー
ズにあったものを作り続けることにつながっていくのです。世界に
日本一の技術、石川の巧みな技術を売り込みに行きたい。桂記章の
目指す新ブランド「金沢百工」の実現。現在、日本一であり、今後
は世界一を目指す。ビジョンを大きく持って発信すると応援団が現
れる。特徴は一貫生産、提案営業、そして現地・現物・現実で、自
由にアイディアがだせる。時代の変化をとらえて企画開発し記章も
感動を提供すれば残れる。

●「心地よい 眠り環境 提供す」   ありたい姿
■株式会社 石田屋 代表取締役社長 田中和昭
ふとんの石田屋は大正12年7月根上町に「綿製造卸業」として産
声を上げました。今も昔も「心地よい眠り」を提案し、県内の4店
舗では個人個人にあった「ふとんづくり」を続けています。石田屋
が取り組む店作りは歴史の古い、究極のエコ企業なんでイイ物を大
切に長く使う、古い物を捨てずに直して使う。
安全を優先する事は量販店との差別化。眠り=健康の基礎、お客様
の健康で心地よい身体づくりのお手伝い。 
夢は100年後も素晴らしい布団屋で有りたい。お客様、一人ひと
りに提案できる布団屋。生活スタイルや睡眠環境について的確な提
案を行っていきたい。ビックよりグッドな会社です。若い人は寝室
をおしゃれにしたい部屋、もてたい部屋で、いやらしくなく素敵の
ライフスタイルを提案する。睡眠環境を診断しコーディネイトする
。NPOで日本睡眠環境機構をつくる。

●「サービスや エコのワゴンは 金沢や」   ありたい姿
■金沢車輛株式会社 代表取締役社長 小倉通成
金沢車輛は、オフィスやホテルで使われる運搬用の台車(カート)
や、医療・福祉施設用機器の製造販売を中心に、国内トップメー
カーとして業界をリードしております。業態転換に成功し国内トッ
プメーカーになるには4つのポイントがある。その1 徹底したマ
ーケティング、社長自らセールスを行い、利用者の声を直接、素直
に聞く。2番目は徹底したマーケティングで製品にする百万石の匠
の技で製造。その3は新事業を始めるにあたり、行政の親身で具体
的なサポート。4番目はボーダレス化で、脱北陸、脱日本で日本中
、世界中の部品やアイディアを吸収し製品に反映させていく。
この4つのポイントで小さくてもきらりと光る企業、ニッチトップ
企業の夢を実現する。他にはない、金沢車輛しかない独創的な製品
を作り、ニーズを摑み、金沢の匠を生かし、企画開発してニッチト
ップの価値を創造する。

●「輪を広げ 生活女性 起業家の」   ありたい姿
■株式会社ジーアンドエス 代表取締役社長 萩原 芙未子
男性と女性では起業の最終目標が異なるからである。男性は、売上
や利益を増やすなど規模拡大を目指すことが多いが、女性は規模よ
り充実感など精神的な満足を重視することが多い。この点で新ビジ
ネスの創出、さらには地域経済の活性化の可能性があると考えます
。女性起業家は生活起業家で自然にやっているうちに起業している
。子供を育てる、家庭を育てる感覚で愛を基本に自分ごとで起業の
輪を創っていく。