« 成功の宣言文 2095 三重でも改革の輪を  なりたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2098 明日のために仕事を   実践する姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■能美市の若手経営者の勉強会を企画された笹津さんと出席された
石川県商工会青年部連合会会長の宮本さんからご挨拶をいただきま
した。たしかに「実践する」「継続する」「皆でやる」ことが未来
を創り出すための鍵になりますね。私も参加させていただいた学生
もJAISTの地元の経営者のみなさまとご縁が出来て喜んでおり
ます。大企業は組織力ですが中小企業は人間力を高めて、ネットワ
ークで企業と社会を元気にする流れを創り、これからの知識混合の
時代を先取りしましょう。昨日も近藤研のゼミを行いましたが、ネ
ットワークや見える化の研究が多いです。知識混合の場や状況を作
っていくことが求められていると思います。(近藤)
●「今までに ない高揚感が 伝わって」   近藤修司
■近藤先生 昨日はお忙しい中、貴重なお時間を頂き、誠にありが
とうございました。
これまで商工会青年部の事業として講習・講演等、多数経験してい
るみんなですが、これまで無かったような高揚感が伝わってきまし
た。「実践する」ことが大切だという事を感じました。
ここがスタートだな。全員の顔を見ながら思いました。
ただ、先生がおっしゃる通り、継続こそが難しく、大切。
仲間全員で取り組んでいきたいと思います。メールで失礼とは存じ
ますが、取り急ぎ、お礼申し上げます。
誠にありがとうございました。
笹津浩二

●「連携し 成長をする 所存なり」   ありたい姿
■北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 教授
近藤 修司 様
メールにて失礼致します。
昨日お世話になりました宮本でござい
ます。昨夜の講習会では、貴重な理論をご教授頂き、心より感謝申
し上げます。
商工会青年部を核とした地元の経営者、後継者の集まりで、これま
でも勉強会や意見交換をしてまいりましたが、立場の違いや考え方
、業種の違い等で、中々有効なコトを立ち上げられずに過ごして参
りました。
今回、仲井理事長との縁により先生と結ばれ、有意義
なお話をお聞かせ頂きました。
昨夜も遅くまで意見交換をし、皆とても刺激と元気を受けたように
思います。
今後も継続的に叱咤激励しあいながら、皆と成長して
いく所存でございますので、末永くご指導頂けます様、宜しくお願
い申し上げます。
先生のご厚意に感謝いたしますと共に、今後益
々のご活躍、一層のご自愛をお祈り申し上げます。
ありがとうございました。
メールにて略儀ではございますが、取り急ぎお礼まで。
石川県商工会青年部連合会 会長
全国商工会青年部連合会 副会長
宮本 周司
※石川県青連会長ブログ

■知識混合は感性と理性によって行われる行動に展開します。能美
市の二兎での若手経営者の勉強会の空気と福田さんのちょっと頑張
ろうの「明日のために仕事を」がすぐ混合してしまうのが不思議で
すね。東京の福田さんが能美市の二兎の勉強会に参加されていたよ
うな気分になります。未来を開発する活動はスポーツと同じで明日
のための練習を今日、ちょっと頑張れるかで決まります。ちょっと
頑張ろうを購読される方は福田さんへご連絡ください。(近藤)
●「ありたいと なりたい姿 同居して」   実践する姿
■ちょっと頑張ろう -663号- 「明日のために」
夏盛りです。草息が匂いたっています。土日の休みの毎に少しずつ
黒く焼けていきます。朝靄が立ち込めている早朝にひぐらしの声を
聞きながら散歩をするのも良いものです。陽のあたる最中、潮の匂
いを嗅ぐのも良いですね。夕方の庭の打ち水に涼を求めるのも気持
ちが良く、静けさを感じます。近頃、めっきり家庭での花火を見な
くなりましたが、薄暗い中で、センコウ花火でワイガヤと家族で過
ごすのも良いですね。
土日の休みを過ごして、朝の通勤列車は、空いているような気はす
るけれど満員には変わりありません。事務所に近づくにつれて緊張
感が出てくるのは私だけでしょうか。土日で、一週間の緊張感がほ
ぐれて、通勤列車の中で、次第に一週間の予定が蘇ってきます。自
然と仕事の有り様を考えてしまいます。道を考えるような考え方で
す。
きょうは明日のために仕事をしています。今を片付けるためではな
いのは確かです。きょうを明日に積み上げるために、考えて行動し
ています。きょう、培った事柄が明日に繋がるように、毎日を考え
ています。もちろん、ずっと向こうに行くべきところがあるのでし
ょうが、自分がその場所に居ると概念はなくなってしまいました。
ずっと向こうに自分が居ないとは言い切れませんが、自分がきっと
居るのでしょうが、自分の姿が薄くなったような気がします。
自分がどうなって居るかではなく、している事柄がどうなっていくか
を考えているようです。
自分に身についてくるモノもあるのでしょうが、身につくはずのも
のに想いが行かないようです。
若い人で、我武者羅に仕事をして
いる人で、自分の存在を忘れている人が稀にいます。見ていて気持
ちが良いですが、「ゆっくり行けよ」と声をかけたくなってしまい
ます。
ありたい姿(社会に貢献しようとする姿)と、なりたい姿(自分が達
成したい姿)が同居しているように思います。
夏がくれば自然に草息が強くなってくるように、秋がくれば熟れた
実が自然に実が落ちるように、明日のために今を考えればきっと実
がなるのでしょう。
さあ、月曜日が始まりました。きょうも明日のために仕事をし
なければなりません。
福田 真 shin_fukuda@seedwin.co.jp