« 成功の宣言文 2088 人それぞれの分別    ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2093 状況を創造   ありたい姿 »

成功の宣言文

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■フランスの棚田さんから、成功の宣言文でも「ヨーロッパ企業コ
ンサルティング論」の連載のご了解をいただきました。棚田さんは
20年間パリに住んで、ヨーロッパ企業のコンサルティングをされ
ていますが、現場主義のDNAは我々と同じです。ヨーロッパの現
場主義は楽しみですね。佐々木さんや今井さんが言われているよう
に改革実践の公共財、現場主義の公共財になっていくと面白いです
ね。棚田さん、期待しています。(近藤)
●「ヨーロッパ コンサルティング論 了解し」  実践する姿
■近藤さんへ 早速のご返信、有難うございます。
ご依頼の「ヨーロッパ企業コンサルティング論」の連載、有難くお
受けしたいと思います。お心遣い、痛み入ります。
これまで1年半近く、毎月<欧州事情>のタイトルで執筆中の2雑誌
:「ISOマネジメント」(日刊工業新聞)と「人材教育」(JM
AM出版)連載の以前の分で、同じテーマの記事が既にいくつかあ
りますので、編集部の許可を得て、転載できると思います。
これ以外に、小生なりの観点でまとめたいアイテムもありますので
、書き物にする良い機会だと感謝する次第です。
8月から、週一くらいのペースでやらせて頂けると幸いです。
さて、小生の今後の身の振り方ですが(来年の1月10日で60歳の定
年です)、この年の春に息子が小学校から中学校に切り替わること
と、小生の父がこの2月に亡くなって、88歳の母がいよいよ一人暮
らしを始めたこともあって、来年の3月末から、生活の本拠をパリ
から日本(東京か神奈川)に移す準備を始めています。
来年以降は日本を中心にして、日本およびヨーロッパの架け橋とし
てコンサル・教育や改革実践で貢献したいと考えております。成功
の宣言文の皆様との交流も楽しみにしております。
棚田 幸紀 拝 (JMACパリ)

■■■■ 先週の「成功の宣言文」振り返り ■■■■■■■■■
先週は「状況が人を動かす」「原因を転嫁しない」「顧客認識」「他
人を変えるのは難しい」「人それぞれの分別」「聳え立つ」「40年
前に戻る」「手を取り合って喜ぶ」「実践力に感動」「分別開発の3
要素」「お客さまのありたい姿」「マザー工場の研究」「女性のコン
サル」「継続は力」「4画面をイタリアで」「現場で鍛えられた」「
新鮮な切り口」などの面白い宣言文に出会うことが出来ました。自分
ごとで、4画面にこだわって、改革の輪を実践していくと次々と改革
の状況が生まれてくることが分かりました。今週は「改革の状況」に
こだわってみたと思います。(近藤) 

成功の宣言文 2092 状況が人を動かす   実践する姿
●「状況が人・組織を動かす」という考え方をベースに持つ
●現場では様々な分別や行動が行われ、いろいろな成果も生まれてい
る。その中から、「今、見せねばならないもの」「今、見せてはなら
ないもの」などを選択し、改革実践者の「自分ごと」の分別で行動開
発を促す。
●「状況が 人と組織を 動かすや」   今井雄二   

成功の宣言文 2091 原因を転嫁しない   ありたい姿
●人にも、心の持ち味があり、それらを生かす方向で、自分自身の行
動を開発する
●未来に変化を起こす活動を進める時は、様々な障害が待っている。
最も注意しなければならないのは、改革を進める側の人間が、うまく
行かない原因を、現場の改革実行者に転嫁することである。
●「持ち味を 生かす方向 行動を」   今井雄二

成功の宣言文 2090 顧客認識   現状の姿
●他人を動かしたいのなら、自らが、その人や組織を「顧客」と認識
する心の開発に戻る
●顧客として認識して、新たな分別のもとで自らの行動開発に向かう
のだ。それができれば、その「顧客にだからこそ実行できる自分なら
ではの新たな行動」が見えてくる。
●「その人を 顧客認識 する心」   今井雄二

成功の宣言文 2089 他人を変えるのは難しい   現状の姿
自分の分別で、直接的に変えることができるのは、自分自身の行
動である
●どんなにすばらしい分別でも、どんなに論理的で正しい分別でも、
また、否の打ち所のない分別であっても、ただ対話をし、説得するだ
けでは他人の分別や行動を変えることは難しい。
●「対話にて 人変えること 難しい」   今井雄二

成功の宣言文 2088 人それぞれの分別    ありたい姿
●自分と同じ行動傾向を得意とする人は、約20%しかいない
●四画面には、人それぞれの持ち味がある。創造的で思い切った行
動を好む人がいれば、慎重に行動することが得意の人もいる。生ま
れてから現在までに築かれた心が、人それぞれの分別の源になって
いる。
●「きづかれて 人それぞれの 分別に」   今井雄二

成功の宣言文 2087 聳え立つ    現状の姿
●ありたい姿を求め、やれることをやってきただけなのです
●近藤先生や皆さんに背中をポンと押されて、自分自身が「やるぞ君
」となって成長させていただいたのだと思います。振返れば、やって
きたことの山々がそびえ立っていました。。。
●「振り返る やってきたこと 聳え立つ」   砂崎友宏

成功の宣言文 2086 40年前に戻る   ありたい姿 
●きょう8月1日、とうとう、還暦を迎えました
成功の宣言文 2092 状況が人を動かす   実践する姿
●「状況が人・組織を動かす」という考え方をベースに持つ
●現場では様々な分別や行動が行われ、いろいろな成果も生まれてい
る。その中から、「今、見せねばならないもの」「今、見せてはなら
ないもの」などを選択し、改革実践者の「自分ごと」の分別で行動開
発を促す。
●「状況が 人と組織を 動かすや」   今井雄二 

成功の宣言文 2085 手を取り合って喜ぶ   ありたい姿
●コンサルになって良かったと思うのは、プロジェクトの成果が出
て、会社の人たちと手を取り合って喜ぶときです
●これが無ければ、コンサルを続ける理由がない。コンサルは<鉄
人28号>でなければならないのです。そしてコンサルは<美空ひば
り>でなければならないのです。死ぬまで勉強ですね。
●「成果だし 手を取り合って 喜んで」   棚田幸紀

成功の宣言文 2084 実践力に感動  実践する姿
●砂崎さんほどの行動力、実践力に裏付けられたお話はめったにあ
りません
●近藤先生に出会ってから砂崎さんの歩んでこられた道、「いしか
わMOTスクール」から「いしかわMOTシンジケート」への発展は、
まさに「やるぞ君」への成長・発展ですね。実践につなげていくこ
とこそが大切と感じました。
●「行動力 実践力に 感動し」   平野禎幸

成功の宣言文 2083 分別開発の3要素   なりたい姿
●「自分ごと」の「やるぞ感」を持つことは、基本的な心の姿勢と
して重要です
●さらに、知識・技術、知恵や対応性が十分に磨かれていないと、
改革に効果的な行動開発にはつながりません。分別開発=知識の開
発+心の開発+対応性開発の3要素から改革を進めていくことで、
お客様の事業に貢献できます。
●「マインドと 知識・技術と 対応性」  今井雄二

成功の宣言文 2082 お客さまのありたい姿  ありたい姿
●顧客の「ありたい姿」の実現に貢献する方向のコンサル自身の「
ありたい姿」が大切です
●双方の「ありたい姿」実現に向けての強い意思があってこそ、「
なりたい姿」実現のための「実践する姿」に魂が込められるのでし
ょう。魂が入った実践する姿は、汗、油や泥にまみれてもビクとも
しない行動を創り出してくれます。
●「お客さま ありたい姿 一体化」    今井雄二

成功の宣言文 2081 マザー工場の研究   なりたい姿
●JMAC日・伊に「マザー工場研究」を提唱して組織化し、研究
に入りました
●「マザー工場」はまさに日本語で、日本には企業を擬人的考える
文化があります。考え方や定義はまだそれぞれです。「ものつくり
」は大事というのみでなく、具体的な課題として「マザー工場」の
研究が大事です。
●「スタートす マザー工場 研究を」   高達秋良

成功の宣言文 2080  女性のコンサル   現状の姿
●先日、日本JMACの佐藤滋さんの所から6人来られて、ミラノ
のイノベーション分野と交流をしました
まさに「混合の時代」です。そこには夫々女性のコンサルタント
も参加しましたが、JAISTのOGの大崎さんも来られました。
ミラノにも女性コンサルタントが増えています。
●「ミラノでも 女性コンサル 増えている」   高達秋良

成功の宣言文 2079 継続は力   実践する姿
●京増さんのかわら版は15年、近藤さんの宣言文は7年、継続は
力には感心してます
●私もJMACミラノを設立し、住む事になり本年で20年。
この間に東西の壁が無くなり、EUは次第に広がり、ミラノのコン
サルも約45人です。やはり「継続は力」で、改革の仲間から勇気
をもらえます。
●「継続は 力なりの 仲間いる」   高達秋良

成功の宣言文 2078 4画面をイタリアで  なりたい姿
●実は4画面思考をイタリアで試みる事を考えてます
●「今ここに」を背景とする日本社会と、改善よりも革新的でリズ
ムが全く違うヨーロッパは異なります。最近、現場で日々改善する
KAIZENの言葉が定着し、「ありたい姿を画く」ことも浸透し
つつあります。
●「イタリアで 4画面思考 試みる」   高達秋良

成功の宣言文 2077 現場で鍛えられた   ありたい姿
●コンサルタントは、謂わば町医者・専門医即ち名医であって欲し
いのです
●そのことに関しては教祖様のような存在であって欲しいのです。
ユーザーへの指示・指導は名医が処方するよく効く薬でなければな
りません。そうなるためには実践で相当鍛えられていねばなりませ
ん。
●「現場にて 鍛え抜かれた コンサルに」   清水・勝

■■■■■先週の成功の宣言文・コメント4画面■■■■■■
先週は今井さん、砂崎さん、高達さん、福田さん、勝さん、棚田さ
ん、清水さん、平野さん、京増さんの皆さんとの交流させていただ
きました。状況が人を動かし、自分ごとでお客さま現場で4画面を
実践して、改革の輪を創っていくのも改革の状況を作って改革者を
動かしているのですね。成功の宣言文のコミュニティも状況づくり
と考えると面白くなります。ありがとうございました。(近藤)
□現状の姿
・顧客認識:「その人を 顧客認識 する心」     今井雄二
・変えるのは難しい:「対話にて 人変えること 難しい」 今井
・聳え立つ:「振り返る やってきたこと 聳え立つ」 砂崎友宏
・女性コンサル:「ミラノでも 女性コンサル 増えている」高達
・現場に:「コンサルは 現場にはいり こんでほし」 清水 充
・擬人的:「擬人的 とらえる文化 日本には」    高達秋良
□ありたい姿
・原因を転嫁しない:「持ち味を 生かす方向 行動を」今井雄二
・人それぞれの分別:「きづかれて 人それぞれの 分別に」今井
・40年前に戻る:「もう一度 40年前 戻ったら」 福田 真       
・手取り合って喜ぶ:「成果だし 手を取り合って 喜んで」棚田
・お客さまのありたい姿:「お客さま ありたい姿 一体化」今井
・鍛えられた:「現場にて 鍛え抜かれた コンサルに」清水・勝
・バローレの高い会社:「バローレの 高い会社を 改革す」 勝
・自分ごとのやるぞ感「やるぞ感 自分ごとをも 共有し」清水充
・分別開発:「マインドと 知識・技術と 対応性」  今井雄二
・次世代の改革:「次世代の 改革実践 コンセプト」 近藤修司
□なりたい姿
・分別開発の3要素:「マインドと 知識・技術と 対応性」今井
・マザー工場の研究:「スタートす マザー工場 研究を」 高達
・4画面をイタリアで:「イタリアで 4画面思考 試みる」高達
・新鮮な切り口:「新幹線 新鮮切り口 沸いてくる」 勝眞一郎
・バローレと財務:「バローレの 高い会社を 改革す」勝眞一郎
□実践する姿
・状況が人を動かす:「状況が 人と組織を 動かすや」今井雄二 
・実践力に感動:「行動力 実践力に 感動し」    平野禎幸
・継続は力:「継続は 力なりの 仲間いる」     高達秋良
・改革言語の普及:「改革語 普及されるが 楽しみで」  近藤
・社会起業の場:「NPO 社会起業家 活動を」   京増弘志
・泥をかぶる:「現場にて 泥かぶること 覚悟して」 清水 充
・自分の中に:「学生も 自分のなかに コンサルを」 近藤修司

■「先週の宣言文:改革語のグーグル検索」(件数と表示順位)■
改革言語のグ-グル検索をしているといろいろ気づきが生まれます
。顧客認識など自分が気づいた言葉でも、同じように使っている人
が世界では多いのです。また別な世界でも使われていることを知り
、世界は繋がっており、知識混合の可能性を実感できます。また、
「現場で鍛えられて」「女性のコンサル」など、われわれのDNA
となっているものでも、検索件数は多くなっているのに、検索順位
が低いのも、研究課題でいろいろ考えさせられます。振り返りには
検索は良い手段ですね。ありがとうございました。(近藤)
「状況が人を動かす」     5800件    100以降
「原因を転嫁しない」   275000件      1位
「顧客認識」      3550000件     37位
「他人を変えるのは難しい」597000件      4位
「人それぞれの分別」   277000件      1位
「聳え立つ」       175000件    100以降
「40年前に戻る」      6667件    100以降
「手を取り合って喜ぶ」   10700件    100以降
「実践力に感動」       3500件     30位
「分別開発の3要素」    57400件      1位
「お客さまのありたい姿」    199件      1位  
「マザー工場の研究」    26600件    100以降
「女性のコンサル」    804000件    100以降
「継続は力」      1040000件    100以降
「4画面をイタリアで」   40700件      1位
「現場で鍛えられた」    17000件    100以降
「新鮮な切り口」      70700件      23件

■本日の夜は、能美市の経営者の方々と、二兎で初めての勉強会を
行います。「状況が人を動かす」を討議してみたと存じます。
(近藤)