« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文 »

成功の宣言文 2088 人それぞれの分別    ありたい姿

「きづかれて 人それぞれの 分別に」 

  
今井雄二

●自分と同じ行動傾向を得意とする人は、約20%しかいない

●四画面には、人それぞれの持ち味がある。
創造的で思い切った行動を好む人がいれば、慎重に行動することが得
意の人もいる。
生まれてから現在までに築かれた心が、人それぞれの分別の源になっ
ている。

成功の宣言文 2089 他人を変えるのは難しい   現状の姿

●自分の分別で、直接的に変えることができるのは、自分自身の行動
である

●どんなにすばらしい分別でも、どんなに論理的で正しい分別でも、
また、否の打ち所のない分別であっても、ただ対話をし、説得するだ
けでは他人の分別や行動を変えることは難しい。

●「対話にて 人変えること 難しい」   今井雄二


成功の宣言文 2090 顧客認識   現状の姿

●他人を動かしたいのなら、自らが、その人や組織を「顧客」と認識
する心の開発に戻る

●顧客として認識して、新たな分別のもとで自らの行動開発に向かう
のだ。それができれば、その「顧客にだからこそ実行できる自分なら
ではの新たな行動」が見えてくる。

●「その人を 顧客認識 する心」   今井雄二


成功の宣言文 2091 原因を転嫁しない   ありたい姿

●人にも、心の持ち味があり、それらを生かす方向で、自分自身の行
動を開発する

●未来に変化を起こす活動を進める時は、様々な障害が待っている。
最も注意しなければならないのは、改革を進める側の人間が、うまく
行かない原因を、現場の改革実行者に転嫁することである。

●「持ち味を 生かす方向 行動を」   今井雄二


成功の宣言文 2092 状況が人を動かす   実践する姿

●「状況が人・組織を動かす」という考え方をベースに持つ

●現場では様々な分別や行動が行われ、いろいろな成果も生まれてい
る。
その中から、「今、見せねばならないもの」「今、見せてはならない
もの」などを選択し、改革実践者の「自分ごと」の分別で行動開発を
促す。

●「状況が 人と組織を 動かすや」   今井雄二