« 成功の宣言文 2077 現場で鍛えられた   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2082 お客さまのありたい姿  ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■勝さんの「コンサルタントと成果主義」に清水さんだけでなく、
今井さんからもコメントをいただきました。今井さんはオムロン時
代にいろいろなコンサルタントと改革実践をされ、ご自分でも目標
管理の推進をグループ内でされて、独立してコンサルや改革実践の
研究をされておられおられます。清水さんとの対話には、コンサル
や改革実践のありたい姿、なりたい姿のヒントを沢山いただけます
。今は、一人ひとりの存在価値の開発が求められており、コンサル
タントを改革実践者に置き換えると、すべての人の存在価値開発に
力をいただけますね。ありがとうございます。(近藤)
●「お客さま ありたい姿 一体化」   ありたい姿
■近藤先生 CC:勝さん、清水さん
おはようございます。
勝さんのバローレ通信には、毎回、学ばせていただいています。コ
ンサルタントに名医・専門医的な動きを求められるお客様は多いと
思います。確かに、名医であって欲しいと思いますし、的確な指示
・指導が必要だと思っていますが、これは最低条件でしょうねぇ。
しかし、その場その時点で正確な指導ができるだけでは不十分だと
思っています。勝さんが根底に持っておられる分別基準のひとつに
社会的貢献がありますが、これを実現しようとすると、まず、顧客
への事業貢献に成功しなければなりません。
コンサルが来ているときだけは上手く改善が進むが、来なくなると
元に戻ってしまうというケースがよくありました。これでは、適切
な手段を売っただけで、お客様の事業を根本から改革することは避
けているのですね。
やはり、顧客の「ありたい姿」の実現に貢献する方向のコンサル自
身の「ありたい姿」が大切ですね。双方の「ありたい姿」実現に向
けての強い意思があってこそ、「なりたい姿」実現のための「実践
する姿」に魂が込められるのでしょう。
魂が入った実践する姿は、汗、油や泥にまみれてもビクともしない
行動を創り出してくれます。コンサルの存在価値は、そのコンサル
がいなくなってからもお客様の社会的貢献が継続し、拡大していく
かどうかだと思います。
(個人事業を始めてみて、故鈴江先生がコンサル料(報酬)の話に
なると面倒臭そうに、さっさと決めてしまわれた気持ちが、なんと
なく分かるようになりました)
先日の宣言文で、「近藤先生や成功の宣言文コミュニティの皆さん
は公共財」というお話がありました。すばらしいことだと思います
が、近藤先生をはじめとして、高達さん、勝さん、福田さんや清水
さん…は、汗と油を厭わない「現場主義」という一言を付け加えた
「現場主義の公共財」とでも表現してはと思っています。
MBI研究所 今井 雄二

●「やるぞ感 自分ごとをも 共有し」   ありたい姿
■今井 雄二様 CC:近藤先生、勝 眞一郎様 清水 充です。 
今井様のコメントに思わず唸ってしまいました。今井様はコンサル
タントの鏡です。ユーザー側にも問題がありますので、一、二意見
を述べさせてください。
1.的確な指示・指導がなされれば、事業貢献につながりますし、
社会的貢献に結びつくと存じます。
2.ユーザーの自分ごと・やるぞ感があれば、コンサルタントが去
っても改善は継続すると思います。来なくなると元に戻ってしまう
のは、必要に迫られてコンサル依頼していないからではないでしょ
うか。
清水 充

●「マインドと 知識・技術と 対応性」   なりたい姿
■清水様 CC:近藤先生、勝さん
お世話になります。
ご返事が遅くなり、申し訳ありません。
確かに、清水さんのご意見のとおりだと思います。もしかすると、
コンサルタントの皆さんに、失礼なことを書いてしまったのかも知
れませんね。申し訳ありません。コンサルの鏡などというお言葉は
、学習中の身にはふさわしくありませんのでご遠慮申し上げます。
以下は、そんな私の個人的な見方です。
コンサルタントにはいくつかのタイプがあると思っています。
どのタイプが良いとか悪いとかは一概に言えないと思います。
1.特定の業種・職種に対して、その場、そのときの状況に対して
的確な指示・指導をすることで、お客様の問題や課題を解決するこ
とが得意なコンサル(正解を伝えるコンサル)。自分の知識・技術
や知恵などの引き出しをたくさん持っておられて、過去の体験に照
らし合わせて指示・指導されるタイプですね。すばらしいコンサル
もいらっしゃるのですが、まず、自分の経験則(引き出し)ありき
で、改革を進められます。
2.特定分野(生産システム改革とか、人事諸制度改革など)の事
業上の問題や課題を調査・分析し、解決するための考え方やプロセ
スなどを提案するコンサル(考え方や行動戦略を伝えるコンサル)
自分の専門分野前項と似ていますが、現場に入り込んで、直接指示
・指導をすることはない。
3.業種や業界を問わず、様々な経営改革に取り組むことができる
人材を育成・確保する方向で、お客様の現場で、お客様と一緒にな
って事業に貢献できるコンサル(顧客にバローレを創り出すコンサ
ル)
お客様が、即効性のある業績回復策を求めておられれば、1番目の
コンサルを選択されると思います。ただ、顧客が正解や提案を求め
続けるようなコンサルの進め方では、コンサルタント自身の事業は
成功かも知れませんが、お客様の事業に十分に貢献できているので
しょうか?
最近は、団塊の世代の多くがコンサルを始められているようですが
、1項のタイプがほとんどだと聞いています。1項タイプのコンサ
ルは、すごい実力をお持ちで、お客様の問題や課題にマッチすると
、お客様に大きく貢献されます。
コンサルタントとしての分別開発(特に心の開発)が進めば、一気
に3項タイプでの活躍が期待できるだけに残念に思っています。
また、「ユーザーの自分ごとのやるぞ感があれば、改革が継続する
のでは?」というご意見については、少し無理があると思いますね
。「自分ごと」の「やるぞ感」を持つことは、基本的な心の姿勢と
して重要ですが、知識・技術、知恵や対応性が十分に磨かれていな
いと、改革に効果的な行動開発にはつながり難いと思います。
3項タイプのコンサルは、分別開発の3要素から改革を進めていく
ことで、お客様の事業に貢献し続けることができるコンサルだと思
います。
一般解ですが、コンサルの基本使命は、「顧客が求める事業成果を
、求める時期に(効率的)、求める方向で、お客様が自分ごとで経
営改革を実行できる状況づくりに成功する」ことだと思っています

うまく表現できなくて申し訳ありませんが、近藤先生や勝さ
んの活動を伺っていると、改革の主語はいつもお客様ですし、コン
サル自身が泥を被ることを覚悟で現場に入り、お客様がしっかりと
「自分ごと」で改革を継続できる状況創りに取り組んでおられると
思います。  MBI研究所 今井 雄二

●「現場にて 泥かぶること 覚悟して」   実践する姿
■今井 雄二様 CC:近藤先生、勝 眞一郎様
メールありがとうございます。コンサルタントの解説等勉強になり
ました。知識が増えました。感謝致します。おっしゃるように
1.タイプの過去の経験のみでの指導では、早かれ遅かれ限界がみ
えそうですね。技術問題を解決するにしても他社でぴったりな事例
はレヤケースだと思います。
仰せのように3.タイプに進む努力・向上心が必要だと感じます。
私も就職支援で、現在では、出身企業での経験に殆ど頼っていませ
ん。最新情報を企業関係者、教職員とりわけ学生さんから仕入れて
役立てています。真のどろどろした生情報は学生さんから得るのが
ベストのようです。彼等から学んでいます。感謝しています。
一つ反論させてください。
自分ごと・やるぞ感があれば、向上心につながり知識・技術、知恵
や対応性を十分磨くと思うのですが。現役時代、会社で例外なく実
感しました。近藤先生、勝様の紹介「‥‥改革の主語はいつもお客
様ですし、コンサル自身がいつも泥を被ることを覚悟で現場に入り
、‥‥」には心から賛同致します。いろいろご教授ありがとうござ
いました。こんごともどうぞよろしくお願い申し上げます。
清水 充

■経営革新かが元気塾の第二講が、水曜日の夜7時~10時で行わ
れました。今回の講師はいしかわMOTシンジケートの砂崎さんで
す。この5年間のMOT改革実践を実践者の立場と研究者の立場で
お話ししていただきました。改革実践は実践した事実で事実をかえ
ることを基本としております。5年間の改革実践の思いと成果はか
が元気塾の40名の受講生とつながりました。90分講義の後に、
学んだ事ワークショップを6チームにわかれて討議発表を行いまし
た。「出会い」「改革の輪」「ひとネットワーク」「やるぞ感の伝
染」・・・など自分の言葉で知識化された内容を発表しあって革新
DNAを共有化が出来ました。みなさんの個人4画面も提出してい
ただいて参加した、JAISTの山本さん、大森さんが整理してく
れることになりました。整理できましたら皆さんにご報告させてい
ただきます。来月の第三講は七尾市の小川さんが講師です。来月ま
でに、「4画面+YWT」を宿題にさせていただきました。シンジ
ケートと七尾市などの改革実践のエネルギーとかが元気塾のエネル
ギーが混合されて、新しい改革実践のパワーが生まれるのではない
かと感じました。かが元気塾の平野先生からさっそくコメントをい
ただきました。平野先生のように、熱い思いを持ったメンバーが非
常に多く、今後の展開が楽しみです。(近藤)
●「行動力 実践力に 感動し」   実践する姿
■近藤先生 昨日も遅くまで御指導いただき、ありがとうございま
した。先生の愛弟子である砂崎さんの実践に基づいたお話も、90分
という時間が短く感じられるほど、楽しく、また大いに参考になる
ものでした。
これまでもいろんなセミナーでいろんな方の講演をお聴きしてきま
したが、砂崎さんほどの行動力、実践力に裏付けられたお話はめっ
たにありません。
近藤先生に出会ってから砂崎さんの歩んでこられた道、「いしかわ
MOTスクール」から「いしかわMOTシンジケート」への発展は、まさ
に「やるぞ君」への成長・発展ですね。
いろんなセミナーや講座は多いのですが、単にその場限りのもので
済ませてしまうのではなく、その後につなげていくことこそが大切
なのだ、と感じました。
また能登地震の直後に先生と一緒に七尾市に視察に走られ、さらに
は七尾再生への支援など、その行動力には驚きです。これも近藤先
生の「熱い思い」が砂崎さんたちに共有された結果でしょうか。
私もさっそく「やるぞ君」を目指し、講義終了後のあわただしい時
間でしたが、前回知り合ったばかりの小谷由美子さんを捕まえて、
ブライダル業界について、いろいろと教えていただきました。
これまでいろいろな業界の方からお話を伺ったり、現場を見せてい
ただいたりする機会に恵まれてきたのですが、ブライダル業界とい
うのはこれまでご縁がありませんでした。
今回この「元気塾」で名刺をいただいたのを機会(チャンス)とし
てとらえ、第一線で活躍されている経営者の方から直接お話を伺う
ことは、私にとっての「やるぞ君」への第一歩だと思っています。
次回も「元気塾」、とても楽しみにしています。
これから暑い日が続きますが、先生にもおかれましても、どうぞご
自愛ください。
平野禎幸 MAIL : hirano@kagacable.ne.jp
勤務先:石川県立加賀聖城高等学校