« 成功の宣言文 1917 他人の喜びが喜び   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 1918 思いの交流と発信   ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

■「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」に続いて、第二巻
「元気の出る俳句」が発刊されています。現在、第三巻「改革の輪
」が発刊準備中です。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログよ
り可能です。
http://www.success-poem.com/book.htm

■立山科学工業社を退社された真崎さんから、退社のご連絡と、宣
言文のお礼のお言葉をいただきました。大阪での新たな人生のご成
功を祈念しております。成功の宣言文が多少でもお役に立てて、嬉
しく思います。ありがとうございます。(近藤)
●「ありがたい 仕事・人生 勇気づけ」    実践する姿
■近藤 先生 いつも役に立つ 「成功の宣言文」 を配信いただ
き本当に有難う御座います。
二年前に富山の国際会議場で開催されたMOTスクールに参加させて
頂きました富山に在する立山科学工業社の 真崎 明 と申します
。初めてメイルさせて頂いておりますがこれが 最初で最後のメイ
ルになる事お許し下さい。
実は一身上の都合で3月31日でもって立山科学工業社を退社する事
にしました。今まで2年間 本当に仕事、人生生活に役立つ数多く
のメイルをご配信頂き誠に有難う御座いました。感謝、感謝です。
仕事上色々と課題、問題に直面しましたが 近藤先生や皆さんの宣
言文を読ませて頂きどれほど勇気つけられた事か 言葉では言い表
せません。4月からは大阪に戻り 再度自分を見直し第三の人生に
チャレンジして参ります。このメイルアドレスは 3月31日までし
か使用できませんので 4月1日以降の配信は中止して頂きたく宜し
くお願い申し上げます。続きは 宣言文の本を購入させて頂き愛読
させて頂く積りです。
本当に二年もの長い間配信して頂き有難う御座いました。心から厚
く御礼申し上げます。最後になりましたが近藤先生の今後ますます
のご活躍、ご健康、ご多幸をお祈りし御礼のメイルとさせて頂きま
す。本当に有難う御座いました。
立山科学工業社/真崎 明


■■■■ 先週の「成功の宣言文」振り返り ■■■■■■■■■
先週は改革実践活動を通じて、「他人の喜びが喜び」「キャリアー
形成五箇条」「自分の思い」「RD現場にバローレを」「分別の灯
り」「4画面に寄せ書き」「お客子さまが戦力」などの「成功の宣
言文」に出会いました。お客様が戦力であり、大企業でも顧客現場
を実感できる中小企業化戦略がこれからのトレンドではないかと思
います。大企業も中小企業の集合であり、RD現場でバローレを実
感できる活動が大切になるのではないでしょうか。(近藤)

成功の宣言文 1817 他人の喜びが喜び   ありたい姿
●バローレは自分以外の「誰か」が喜ぶことを意識している
●何と素晴らしい感覚ではないだろうか。 私たちは、バローレと
いう言葉を通じて、「他人の喜びが自分の喜びである」という感覚
を大切にします。心の中に喜神を持つのです。
●「バローレは 心の中に 喜神もつ」   勝眞一郎

成功の宣言文 1917 キャリアー形成五箇条  ありたい姿
●学生の皆さんにキャリアー形成の5か条を提示します
●「自分のキャリアー設計の中で高い志を持つこと」「自分の本心
から湧き出る興味・得意を生かせる分野を探すこと」「よきメンタ
ーをもつこと」「成功の宣言文を人生訓とし頭に叩き込むこと」そ
して最後に「輪をつくること」。
●「五箇条を 頭にしっかり たたみこみ」   鶴岡洋幸 

成功の宣言文 1917  自分の思い   ありたい姿
●大企業でも中堅企業の集合体だと考え、どの中堅企業を顧客にす
るかを考えてはどうでしょうか
「自身の思い=四画面」をありありと描けます。中堅企業規模で
考えると顧客の四画面も鮮明に見えてくる。お互いの四画面を理解
でき「ありたい姿」も「なりたい姿」も、様々な葛藤を乗り越え理解
され共有されていく。
●「中小で 自分の思い ありありと」   今井雄二 

成功の宣言文 1916 RD現場にバローレを  ありたい姿
●私はモノをはっきり言う質なので、互いに尊重しながら上下関係
を気にせずに気軽に議論ができる風土はとても性に合ってます
●RDコンサルはお客様と向き合って一緒に問題を見つけ、課題を
設定し、地道に解決していく点に重きを置きます。このRD現場を
大切にするスタイルもまた、本音で勝負する自分のキャラクターに
は合っています。
●「想いはせ RD現場に バローレを」   大崎真奈美

成功の宣言文 1915 分別の灯り   ありたい姿
●「分別の灯り=知識×心の姿勢×対応性」でどれか一つでも灯り
が消えていれば、分別の灯りは点灯しません
●3要素の開発を進めるにはいろんな人と交流する事が大切です。
自分の持ち味を活かした人との交流を増やす努力を続けていくこと
が、自分の未来を切り拓く大きな力となるのです。
●「分別は 知識・心と 対応性」   今井雄二

成功の宣言文 1914 4画面の寄せ書き   ありたい姿
●就職支援室を離れるに当たり、皆さん4人で「寄せ書き」を作っ
ていただきました
その寄せ書きがなんと「4画面の寄せ書き」なのです。4つの
窓になっていて、窓を開くとそれぞれの言葉が現れます。4人の心
こもった手つくりで、「就職支援室は改革実践を続けます」、世界
初の「4画面寄せ書き」です。
●「これからも 改革実践 続けます」  キャリアー支援室

成功の宣言文 1913 お客さまが戦力   ありたい姿 
●改革実践に挑戦する人たちの輪が、倍々ゲームのように広がって
いて楽しみですね
●「今ある戦力(自分だけではない)」は、仕事の支援者や協力者
はもちろんですが、最も大きな戦力になっていただけるのは、お客
さまです。改革実践の場で、一番大きな力を発揮されるのは、改革
を求めてやまないお客さまなのです。
●「最大の 戦力それは お客さま」   今井雄二


■2008年第13週の「成功の宣言文・交流コメント4画面」
福田さん、今井さん、四方さん、勝さん、鶴岡さん、大崎さん、平
子さん、佐藤さん、清水さん、砂崎さん、浅田さんなどいろいろな
改革実践に挑戦されている皆さんから、「改革の思い」をいただき
ました。やはり「改革への思い」は「4画面で表現」でき、特に「
ありたい姿」にこうこうと「電気がついている」のが特徴ですね。
ありがとうございました。(近藤)
□現状の姿
・職種と文章:「発見す 職種と文章 相関を」    福田真
・瞳輝き「熱心に 瞳輝き 議論して」       今井雄二
・改革の輪:「すこしづつ 改革の輪が 広がって」   四方
□ありたい姿
・他人の喜びが喜び:「バローレは 心の中に 喜神もつ」 勝
・五箇条:「五箇条を 頭にしっかり たたみこみ」 鶴岡洋幸 
・自分の思い:「中小で 自分の思い ありありと」 今井雄二 
・RD現場:「想いはせ RD現場に バローレを」大崎真奈美
・分別の灯り:「分別は 知識・心と 対応性」   今井雄二
・寄せ書き「これからも 改革実践 続けます」  就職支援室
・喜神:「バローレは 心の中に 喜神もつ」    勝眞一郎
・顧客現場「泥臭く 顧客現場で 改革を」     今井雄二
・改革顧客「改革を 求めてやめぬ 顧客だれ」     四方
・顧客を決める:「顧客きめ 自分の思い ありありと」 今井
・組織こえ:「組織こえ 自分の思い 共通し」     四方
・続ける:「これからも 改革実践 つづけます」    平子
・戦力は顧客:「最大の 戦力それは お客さま」  今井雄二
・現場にバローレ「想いはせ RD現場に バローレを」 佐藤
・五標を評価」「ありがたい 五標を評価 してくれて」 佐竹
□なりたい姿
・学生教員交流「学生と 指導教員 交流を」     清水充
・フォロー:「IMS やるぞ研修 フォローして」   砂崎
・4画面見直し:「気づきにて わが4画面 見直して」 今井
□実践する姿
・頭にしっかり:「宣言文 頭にしっかり たたみこむ」 鶴岡
・思い交流:「皆様の 思い交流 前向きに」      浅田
・ボトムアップ:「信頼は ボトムアップの やり方で」清水充
・分別:「分別は 知識・心と 対応性」      今井雄二

■「先週の宣言文:改革語のグーグル検索」(件数と表示順位)
「他人の喜びが喜び」をグーグルで検索すると62万件があり、
その中で、「成功の宣言文」はトップに来ました。おなじような
改革言語に感動している人は多いのですね。そして直近の感動を
発信していくと上位にくることが実感できます。同じ改革言語を
使っている人との思いの共有化と直近の思いを表現することが知
識創造の基本なのですね。(近藤)
「他人の喜びが喜び」    632000件   1位   
「キャリアー形成五箇条」      54件   1位  
「自分の思い」       834000件  100位以降
「RD現場にバローレを」       2件   1位
「分別の灯り」        31400件   1位
「4画面の寄せ書き」     26000件   1位
「お客さまが戦力」      44600件   1位