« 成功の宣言文 1830 個の確立と尊厳  現状の姿 | メイン | 成功の宣言文 1831 振り返りで発見  実践する姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

■「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」に続いて、第二巻
「元気の出る俳句」が発刊されています。「成功の宣言文」文庫の
購入は下記ブログより可能です。
http://www.success-poem.com/book.ht


■2008年の初めての「週間振り返り」をしてみました。先週は
「一年の振り返り」「自分ならでは」「想いをはせて」「芝山アー
ト」「自分の言葉」「新たな感覚」「個の確立と尊厳」など今井さ
ん、黒澤さん、芝山さん、高達さんや私の「宣言文」に、越田さん
、木村さん、青島さん、勝さん、米多さん、高田さん、大岩さん、
石川さん、汪さん、宋さん、福田さん、砂崎さん、単さん、山内さ
ん、清水さん、平子さん、萩原さん、炭さん、坂本さんなどの多く
の皆さんからご挨拶やコメントをいただきました。新年だけに皆さ
んの「やるぞ感」はすばらしく、2008年第一週から元気な感覚
をいただきました。「振り返りの達人」である関ヶ原製作所の矢橋
会長は、「生きることが学ぶこと、学ぶことは変わること」といわ
れておられます。生きることで「新しい感覚」を学ぶことができ、
「新しい感覚を言葉に」して「過去の自分を乗り越えて」いく。皆
さんと宣言文上で、「生きること 学ぶことだし 変わること」を
今年も楽しめたら面白いですね。ありがとうございます。(近藤)
●「振り返り 新感覚を 発見す」   実践する姿
■2008年第一週の「成功の宣言文」の振り返り

成功の宣言文 1824 一年の振り返り   実践する姿
●今日は大晦日ですが、一年間は短いようで、実際は長くいろいろ
なことが身のまわりにおこりました
●しあわせな出来事にしても不幸な出来事にしても、現実を受け止
めることしかない。現実を受け止めて、毎日毎週、毎月で4つの姿
の追求という基本動作を振り返り、新しい年のゴールを確認する。
●「一年の 振り返りして 大晦日」   近藤修司  

成功の宣言文 1825 自分ならでは   ありたい姿
●「自分らしく生き抜く」「その組織・企業らしく生き続ける」こ
とを問い続け、ありたい姿やなりたい姿を見つけ出す
●その未来の成功を目指して、自分ならではの、その組織ならでは
の行動を開発し続ける。
その結果として、バローレのあるオリジナリティを創り出すことが
できる。
●「バローレは 自分ならでは 問い続け」   今井雄二

成功の宣言文 1826 想いをはせる   ありたい姿
●今年はMOT、四画面思考などを学び、法人運営の中に取り入れ
ていく年となりました
●芳珠記念病院の仲井先生と知り合い、私も理事長としてこの四画
面思考やYWTを法人運営に取り入れていこうと決意しました。
長野で初の四画面思考で地域医療の向上に貢献したいと思います。
●「長野から 思いをはせる 4画面」  黒澤一也

成功の宣言文 1827 芝山アート   ありたい姿
●昨年末に納品させていただいた輪島塗の沈金のからくさボールペ
ンの楽しんでいただいてますでしょうか。
●私はお客さまと直接お会いして、ニースをお聞きして、お客さま
のデザインを構想し、作品を作らさせていただいております。
お客さまに喜んでもらったり、楽しんでもらうことを考えて、輪島
塗りの沈金の作品を提供するのが芝山アートです。
●「お客さま 会うことにより 作品が」   芝山 佳範  

成功の宣言文 1828 自分の言葉で   ありたい姿
●創造者はイメージを自分の言葉で熱く語っている
●さらに創造レベルがあがると、現状の姿・ありたい姿・なりたい姿
・実践する姿を自分の言葉で語るようになる。
さらにプロになると語るだけでなく、毎日の実践を通じて伝える。
●「創造者 自分の言葉 語るのや」   近藤修司

成功の宣言文 1829 新たなる感覚   ありたい姿
●改革実践の現場で新たなる感覚を大事にする
●いままで「成長分野いる」「一点突破」「全員主役」「4画面思
考」「振り返り」など多くの改革の現場で改革実践の感覚を体験し
てきた。本年はさらに「創造的日常」の感覚に挑戦し過去の自分を
変える。
●「新たなる 改革実践 感覚を」   近藤修司

成功の宣言文 1830 個の確立と尊厳  現状の姿
●年末年始はブルガリアで「混合の文化」を体験してきました
●アジアとヨーロッパの最東の接点国で、紀元前2000年から他
民族支配そして独立を繰り返しています。
異民族異文化の混合は、個の確立と尊厳から生まれている。
いろいろな宗教が混在しているが、何処も真面目な個人の祈りの姿
に接しられる。
●「混合は 個の確立と 祈りから」  高達秋良


■2008年第一週の「成功の宣言文・交流コメント4画面」
□現状の姿
個の確立と尊厳:「混合は 個の確立と 祈りから」  高達秋良
可能性を感じる:「沈金の 可能性さえ 感じられ」  越田律子
教育の空洞化:「愕然と 高校教育 空洞化」     木村昌之
新たな境地:「4画面 新たな境地 開拓し」     青島敬二
たくましく:「たくましく なられたことが 嬉しくて」今井雄二
芝山アート:「お客さま 会うことにより 作品が」  芝山佳範
本物時代:「これからは 本物時代 はいってく」   勝眞一郎
大晦日:「一年の 振り返りして 大晦日」      近藤修司

□ありたい姿
自分の言葉:「創造者 自分の言葉 語るのや」    近藤修司
新たなる感覚:「新たなる 改革実践 感覚を」    近藤修司
バローレとお金:「バローレと お金の関係 考える」 勝眞太郎
協働型まちづくり:「能美市にて 協働型の 街づくり」米多武照
魅力的職業:「技術者は 魅力的な 職業や」     高田敬輔
漢字一文字:「新年を 漢字一文字 宣言す」     大岩和男
自分ならでは:「バローレは 自分ならでは 問い続け」今井雄二
多彩な活動:「新年も 多彩な活動 期待して」    石川泰男
幸せを:「みなさまの お幸せをも 祈念して」     汪小斧
光さしこむ:「雲間から 光さしこむ 新年や」     清水充
感謝の気持ち:「新年も 感謝の気持ち 忘れずに」   宋海剛
発展を;「みなさまの 発展あるよに 祈ります」    福田真

□なりたい姿
3目標:「経営と 生活・スポーツ 3目標」     砂崎友宏
MOTを活かす:「MOT 仕事の場にて いかしてく」 単柏松
知産創育:「活用を 知産創育 ネットワーク」    山内清行
優先順位:「なりたいの 優先順位 つけること」    清水充
想いをはせる:「長野から 想いをはせる 4画面」  黒澤一也

□実践する姿
一年の振り返り:「一年の 振り返りして 大晦日」  近藤修司
自分の言葉:「面接も 自分の言葉 勝負する」     清水充
学生の視点:「学生の 視点に立った 支援する」   平子拓哉
女性起業調査:「調査する 女性の起業 環境を」  萩原扶未子
からくさ価値:「からくさは 存在価値を 求めてく」 越田律子
ファンクラブ:「ファンクラブ 伝統工芸 応援す」   炭昌子
私なり:「本年も 私なりにで やってみる」     勝眞一郎
わいがや広場:「職場にて わいがや広場 継続す」 坂本荘太郎
復活する:「新年に 見える化通信 復活す」      汪小芹